ロキソニンとセレコックスとボルタレンの比較

ロキソニンとセレコックスとボルタレンの比較

解熱鎮痛薬には種別があります。
「ロキソニン」「セレコックス」「ボルタレン」は3つとも「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」に分類されるお薬になります。

 

・効果が出るまでのタイミング(Tmax )
単語:Tmaxとは
お薬を服用してから理想血中濃度に到達するまでに要するタイミングのことを言います。

 

・ロキソニン=約0.79タイミング辺り ※最速15食い分以内~最大50食い分で効き始める
・セレコックス=約2タイミング辺り
・ボルタレン=約2.72タイミング辺り

 

・薬効が現れる速さ検討成約
◎ロキソニン=威力に優れている
○セレコックス=案外安定した薬効
△ボルタレン=遅効性だが反応が一番力強い

 

・効果が持続する長さ(T1/2)
単語:T1/2とは
理想血中濃度に到達した後に、濃度が半減するまでに要するタイミングのことを言います。
・ロキソニン=1.31タイミング辺り
・セレコックス=7~8タイミング辺り
・ボルタレン=1.2タイミング辺り

 

・効果が持続する長さ検討成約
◎セレコックス
〇ロキソニン
△ボルタレン

 

・鎮痛効果
・ロキソニン=セレコックスと同辺り
・セレコックス=ロキソニンと同辺り
・ボルタレン=ロキソニンよりも激しい効果がある

 

・鎮痛効果検討成約
◎ボルタレン
○ロキソニン
△セレコックス

 

・3つの鎮痛剤のその他のカタチ
●ロキソニン
・市販薬として手軽にドラックストアーなどで入手がオッケー
・セレコックスに比べて薬価はさほど安く入手がオッケー
・平均して7タイミング程の効果が持続すると言われていますが、5~6トレンドすると、苦痛の問題がもう現れることがある

 

●セレコックス
・胃粘膜への副作用が、割り方酷いとされている
・毎日の投薬量がロキソニン3回に比べて、セレコックス2回分のほうが、鎮痛効果がおっきいとされている

 

●ボルタレン
・ボルタレン(内服スペック)は市販では販売されていない結果、医院などでレシピしなくてはいけませんが、その鎮痛効果は他の2つに比べて一番おっきいとされている

 

※苦痛のステージや問題によっては、こういう3つのお薬が適さないこともあります。
また、上記の3つのお薬は、インフルエンザなどの問題がある時は、その活用を避けるようにしなくてはなりません。

 

・3つの鎮痛剤を比較したクチコミ

 

◆婦人:投薬薬・ロキソニン
「苦痛がとっても消えたわけではありませんが、十分に苦痛がコントロールできるようになりました。
また、胃薬は飲んでいなくても、病状もありませんでした。」

 

◆男性:投薬薬・セレコックス
「真に飲んだイメージ、ロキソニンは確かにセレコックスより素早く効いた気がします。
だた昔、腹部が弱々しいので、胃薬と一緒に処方してもらって飲んでました。」

 

◆婦人:投薬薬・セレコックス
「セレコックスに切り替えた場面、効果についてはロキソニンよりもしょうもないように感じました。
でもしばらくして薬が体に合ったのか、腰の状勢が可愛らしくになったと思います。」

 

◆男性:投薬薬・ボルタレン
「苦痛がひどかったところ「ボルタレン」も処方してもらいました。
今まで、ロキソニンなどの市販薬を使用していましたが、威力にはしばらく欠けるカタチ、効果はロキソニンより鎮痛反応は厳しく感じました。
また、他の鎮痛剤に比べて、活用締切に余裕がある事が助かります。」

 

このように、個人差にもよりますが、それぞれの問題や機能により、その効果は異なるようです。
ここで簡単にわかり易く、こういう3つの鎮痛剤をまとめると

 

・ロキソニン
手早く苦痛を抑えたい、ちょこっと苦痛が激しいケース

 

・セレコックス
腹部がさほど軽く、昼間に飲み忘れることが多いケース

 

・ボルタレン
苦痛や問題が強くてロキソニンやセレコックスでは抑えられないケース

 

以上のような成約となりました。また、お薬の効果は個人差によって異なりますので、きっちりドクターや薬剤師と相談して服用するようにして下さい。

 

・ロキソニンについて
近年「ロキソニン」については、「重大な副作用」として特ダネなどにも取り上げられました。主に小腸、大腸の閉塞、狭窄などが追記されることが一部ではやりました。

 

しかし、『重大』=『リズムが高い』との誤解が元のようで、正しく言えば「仮に問題が起きたら、健康に重大な影響がある副作用」とのことです。

 

ボルタレンを最安値で通販するならココ

ボルタレン,通販,副作用,市販,効果

 

ボルタレンHOMEはこちらから